ホームに戻る  


 中信地区 環境教育ネットワーク
    Mid Shinsyu Environmental Education Network



環境学習支援を行っている団体とプログラムを紹介します。
なお、支援提供範囲は、長野県中信地域を想定しています。
松本市内小中学校支援の場合、松本市により、講師1人当たり5,000円の講師謝礼が定められています。
  学校支援以外の子ども環境支援、一般の環境学習支援については各団体の規定によりますので、申し込みの際に必ずご確認下さい。
 (ボランティア団体やNPO団体では、活動費用の捻出に苦心しています。講師料、材料費、交通費等の手当てにご理解とご協力をお願いいたします。各団体の環境保全活動が今後も続けられるよう御支援下さい。)
中信地区環境教育ネットワークでは、環境学習支援講師派遣の相談を受けています。ご相談は無料です。まずは、事務局(担当 中林 FAX0263-86-8739)までご連絡下さい。

登録団体一覧
【自然体験系】

認定NPO 法人信州まつもと山岳ガイド協会 やまたみ
、 
NPO法人わおん
、 信州やがいたいけん楽校ぷらす
合同会社リトルピークス 体験創庫かけはし

【観察、環境知識系】
いきものみっけファーム in 松本 推進協議会、 
NPO法人安曇野ふるさとづくり応援団
株式会社 環境技術センター
、 株式会社 キクイチ、
川の自然と文化研究所(NPO)、 自然観察の会 ひこばえ
パナソニック 松本営業所

NPO法人信州ツキノワグマ研究会 特定非営利活動法人 えんどっこ

生活力向上系】
鉋 の会
、 寿さと山くらぶ
松本林業士会
、 松本市緑化協会
松本市ボランティアセンター (松本市社会福祉協議会)
、 
松本市地球温暖化防止市民ネット ワーク(エコネットまつもと)
 フリマネット信州 自然エネルギーネットまつもと



                  メール問い合わせ先
 


 信州やがいたいけん楽校ぷらす
分類 自然体験、生活力 
 問合せ先HP等  Blog http://yt-plus.blogspot.jp/  facebook  https://www.facebook.com/taikenplus/
1.
団体・企業の概要 
 四賀地区中川の、廃校小学校(旧中川小学校)活用について、平成25年松本市が募集したプロポーザル事業へ応募を行い採択されました。
平成264月より活動試行、@おもちゃの楽校A野外体験
Bチームビルディングを主とし、平成274月から運営を行っています。
子ども、母親(父親)、家族の外あそび、自然体験、農林業体験、伝統、経験を披露、伝承、自然体験の拠点としています。親子、家族、地域、企業が一体となり、子ども達の健やかな成長の支援とプログラム開発、運営を行います。
公民館、児童会の主催する自然体験学習プログラムの実施、小学校の総合学習支援参加、民間運営のDAYキャンプ支援等に参加しています。
また、県内の野外体験活動団体等のネットワーク、信州外あそびネットワーク事務局として活動しています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
自然体験活動指導者(NEAL/CONEコーディネーター)、木育インストラクター、ネイチャーゲームリーダー、野外力検定主任検定委員、プロジェクトワイルド、プロジェクトウエットエデュケーター、ERIC/PLTファシリテータ―等。
 3.
おすすめプログラム

(基本1〜2時間程度)

「木の実・木の葉あてクイズ(校内) 小学1〜6年 中学生」
「火起こし教室〜ハリギリ式、新聞を使わない方法、火の育て方等」小5等
「保存食の知恵燻製教室(校内可」家庭科等
木育、チームビルディング、ネイチャーゲーム

野外力検定、他外あそび指導

・講師料の他、学外に出る場合の交通費、食材などは別途かかります。
・火おこし用具のセット、燻製用具のセット、教本・教材、等は団体が持ち込みます。
 
4. 
キーワード
 「森・川・身近な自然での野遊び」、「木育体験による自然環境」「キャンプ等の野外技術」、「自然と向き合う暮らしの知恵」
5.
過去の実践例
 「キャンプ実習事前指導…火起こし」「燻製と野外調理」「レクゲーム」「キャンプファイアーのすすめ方」「湧水観察」「木育体験・・森のかけらのお守り作り
6.
団体から
のメッセージ
多様な人材、プログラムがあります。まずはご相談ください。

上に戻る

 体験創庫かけはし
分類 自然体験、生活力 
 問合せ先HP等  E-mail ts_kakehashi@yahoo.co.jp  担当 藤村
1.
団体・企業の概要 
 
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習

スタッフは自然体験活動指導者としての講習会を修了。NEALリーダー、文部科学省認定自然体験活動全体指導者) 他、CONEコーディネーター、トレーナー在籍。ネイチャーゲーム、プロジェクトワイルド、プロジェクトウエットなど指導者として登録。

 3.
おすすめプログラム

(基本1〜2時間程度)

「キャンプファイヤー指導法、グループワークレクリエーション」小5等
「身近な自然を感じ取り、学習につなげる」小1〜
「野生生物について学ぶ〜プロジェクトワイルド(体験型授業)」小3〜中学
※ゲームや疑似体験から生態系のしくみや価値を学ぶ米国発の学校向け活動
「水について体験から学ぶ〜プロジェクトウェット(体験型授業)」小3〜中学
「減災のための・エネルギー&ロープワーク講座(体験型授業)」小3〜中学

学習に要する時間は基本2時限分(80〜90分)から3限分(120分)
遠隔地や校外学習などは、別途、御相談下さい。
 
4. 
キーワード
 「森・川・身近な自然での野遊び」、「キャンプ等の野外技術」、「体験型環境教育」
5.
過去の実践例
 「キャンプ実習事前指導…火起こし、燻製と野外調理、レクゲーム、キャンプファイアーのすすめ方」
6.
団体から
のメッセージ
児童、生徒の学習への動機付けが重要と考えており、その後のふりかえりも含み、授業計画に組み入れていただければ幸いです。メールにてご相談下さい。

上に戻る


松本市緑化協会
分類 環境知識 
 問合せ先HP等 松本市緑化協会窓口 渇恁エ造園 0263-48-3100
1.
団体・企業の概要 
長野県松本市内で造園業を営む17業者で構成する団体。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
地球温暖化推進委員、文部科学省認定自然体験活動全体指導者
 3.
おすすめプログラム

・緑のカーテン設置補助 

・低学年、紙芝居又はパワーポイントでカーテン設置の意味や効果、種の植え方、後の管理方法を解説します。(一時限)

・高学年、中学生、希望によりますが、パワーポイントで地球温暖化の現状や将来を解説し、問題の意識付けをします。そのうえで、緑のカーテンの効用や維持管理の方法を解説します。


低学年、1時眼
高学年、中学生、2時限(希望により)


IMG_0481
4. 
キーワード
地球温暖化防止
5.
過去の実践例
 平成23年度より松本市内各小中学校で実施。平成23年度9校、平成24年度15校。平成25年度14校。平成26年度12校。
6.
団体
からのメッセージ
・耕し、施肥、は学校で準備して下さい。
(可能な限り、地植えをお勧めします。プランターでは、思った効果が期待できません。) 

・効果を実感してもらうため、5月中の施工をお勧めします。(夏休み前までに、ある程度成長する。)

・ネット張りは前もって別日に設置に伺います。竹で枠を作り、ネットを張ります。

上に戻る


 松本林業士会
分類 生活力、環境知識 
 問合せ先HP等  申し込み窓口:寿さと山くらぶ http://sites.google.com/site/satoyamamatsumoto
1.
団体・企業の概要 
松本市内の現役林業士約 20 名で組織しています。それぞれが木と森 のスペシャリストとして、市内各行事、地域イベント等にも参加して います。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
長野県林業士、きこり講座、伐木造材講習など修了者多数、
長野県きのこ指導員
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
間伐による里山の保全、間伐材の活用について学習しながら、木工 工作を行います。木の持つ魅力や種類の違いなどを五感で感じて、 自ら創造する活動です。 また、山林での森林整備体験なども行います(応相談)。

対象学年:小学校4年生以上

※安全確保のため、子ども6〜8人に対し講師1名
4. 
キーワード
 
5.
過去の実践例
 平成14年度より松本市内各学校地域で実施
6.
事務局から
のメッセージ
・木工教室の場合は、木工室等の使用が適切です。木工に必要な木材と機材一式は団体側が持ち込みます。
・材料費は開催内容によりますので事前の相談で決めます。
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る

寿さと山くらぶ
分類 生活力
 問合せ先HP等  http://sites.google.com/site/satoyamamatsumoto
1.
団体・企業の概要 
平成13年に設立、寿地区の財産区有林の整備作業と地域の学校での環境学習などを実施。昨年度の会員登録は65名。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
長野県林業士、きこり講座、伐木造材講習など修了者多数、
長野県きのこ指導員
 3.
おすすめプログラム

竹や廃材などを活用して行う野外活動です。 木の年輪などの話をしてから、炭火を使って材料からバウムクーヘ ンを作ります。

長机数台を学校で用意して下さい。
レシピ等の資料、竹の棒などの資材、バームクーヘンの材料一式は持参します。

【講師料以外にかかる経費】 材料費:4,000円/10人分

 
4. 
キーワード
 木の話とお菓子作り
5.
過去の実践例
 平成14年度より松本市内各学校地域で実施
6.
事務局から
のメッセージ
・寿さと山くらぶは、松本林業士会、松本市地球温暖化推進協議会(エコネットまつもと)の中核団体です。
・.松本市周辺の里山についての豊富な実践と知識をもつ団体です。里山は、自然環境と人の社会の両立を考える上でのカギとして注目されています。
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る


松本市地球温暖化防止市民ネットワーク(エコネットまつもと)
分類 生活力、環境知識 
 問合せ先HP等 申し込み窓口:
代表団体の寿さと山くらぶ http://sites.google.com/site/satoyamamatsumoto
又は、
松本市環境政策課(代表0263−34−3000)
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/buka/siminkankyobu/gyoumunaiyou.html
まで。
1.
団体・企業の概要 

市内 10 団体で構成するネットワークです。それぞれの環境保全活動 の持ち味を活かし、「キャンドルナイトまつもと(6月、12 月)」「打ち水大作戦(8月)」等の活動を行っています。

 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
1.「竹筒と蜜蝋を使ったキャンドルづくり(2〜3時間程度)」
・竹筒を自分たちで加工(切る、穴あけ)して、ガラス玉などで装飾し、蜜 蝋を使ったキャンドル(大きさ 50cm 程 度)を作ります。
・実施場所は工作室が適切です。電気ドリル、鋸、ホットボンド等の工具類、ガラス球、ビー玉等の装飾材料は団体が持参します。


2.「小水力発電機による自然エネルギー体験学習」
・可搬式の小水力発電機を使って、実 際の水力発電の仕組みを体験して学び ます。(1時間程度)
・可変式小水力発電機を持参します。校内の流水(落差)のある場所で行います。
4. 
キーワード
5.
過去の実践例
竹筒と蜜蝋を使ったキャンドルづくり(松本市美術館ワークショップ、信大附属中、島立小)
6.
事務局から
のメッセージ
団体事務局は松本市環境政策課です。申し込みお問い合わせは松本市役所(0263−34−3000)環境政策課の担当者でもOKです。

上に戻る

寿かんなの会
分類 生活力 
 問合せ先HP等 ・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。
1.
団体・企業の概要 
寿福祉ひろばで活動するグループです。寿地区の小学校等で、刃物の使い方や木工工作の指導をしています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
 肥後ナイフや切り出しナイフ、鉋を使って、ヒノキの端材から自分だけの箸を作ります。
 木材についての基本的な知識につ いても学習し、モノを大切にする 気持ちも養います。

 安全確保のため、子ども 10 人に対して講師1名が適切です。先生やご家族など、見守りの補助があればなおありがたいです。


 工作台(机上に設置)や刃物、鉋は講師が持ち込みます。机に傷が付くため、工作室などで行うのが適切です。ボランティアセンターの箸袋づくりと組み合わせて行うこともできます。

・講師料の他に、材料代(ヒノキの角材)が300円/1人が必要です。
4. 
キーワード
5.
過去の実践例

マイ箸づくり教室(会田小、菅野小、二子小、高綱中)

6.
事務局から
のメッセージ
マイ箸づくりと松本市ボランティアセンターの箸袋作りを合わせて行うと、翌日から使えるマイ箸セットになります。マイ箸セットを持ち歩くには、箸キャップも必要です。箸キャップはインターネットからも購入できます。マイ箸づくりに合わせて中信地区環境教育ネットワーク事務局でもまとめて購入しています。手に入れるのが難しい方は事務局まで御相談下さい。

上に戻る

松本市ボランティアセンター 松本市社会福祉協議会
分類 生活力
 問合せ先HP等 松本市ボランティアセンター(松本市社会福祉協議会内)
TEL 0263-25-7311 FAX 0263-27-2239
E-mail vol@syakyo.matsumoto.or.jp   
http://www.syakyo-matsumoto.or.jp/approach/volunteer/
1.
団体・企業の概要 
ボランティアの需給調整、ボランティアの育成、地域交流、福祉教育、体験    ボランティア講座等
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「マイ箸収納用袋の制作指導」
 マイ箸づくりで作った箸を収納するための袋を自作する際の指導講 習を行います。
 申し込みの学校に近い地区の「福祉ひろば」から講師を調整します。

※マイ箸づくり講習等と併せて申し込む場合は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林にご相談いただければ調整します。

4. 
キーワード
5.
過去の実践例
信大付属小、鎌田小、島内小、二子小、高綱中等。
6.
事務局から
のメッセージ
松本市内各地区の福祉ひろば等では様々なボランティア団体が活動しています。裁縫の達人、料理の達人等、ご要望を受けてボランティアコーディネーターが講師を紹介します。上記ボランティアセンター又は中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までご相談下さい。

上に戻る

認定NPO法人 信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ
分類 自然体験
 問合せ先HP等 http://yamatami.com/
1.
団体・企業の概要 
2005年に設立された、長野県の山岳地帯を主に活動場所とするNPO法人。登山ガイド・自然ガイドの資格者を軸に構成される。信州の豊かな自然から人間と自然が共存する機能を理解し、そのあり方を考える事を目的する。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
プロジェクトワイルド、 プロジェクトラーニングツリー、プロジェクトウェット等
公益社団法人日本山岳ガイド協会認定山岳ガイドおよび自然ガイド、信州登山案内人、上高地認定ネイチャーガイド。
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「プロジェクトワイルドを使った、自然を皆と一緒に考えるプログラム」
「登山やハイキングなどの引率」

・学習時間は2時間程度〜1日(宿泊があってもOK)

・校内で行う活動=子ども15人に対して講師1名。
 フィールドで行う活動=子ども10人に対し、1〜2人の指導者。

・小学1〜6年生、中学1〜3年生。学年に応じた授業内容を相談しながらプログラムを作ります。
4. 
キーワード
自然と人間の共存
5.
過去の実践例
2012/12 会田中学校にてプロジェクトワイルド
2013/7  松本盲学校 上高地ハイキングとプロジェクト・ワイルド
2013/9  波田松原分校 美ヶ原ハイキングとプロジェクト・ワイルド等
2013/11 会田中学校 ポレポレ講座 室内にてプロジェクト・ワイルド
6.
事務局から
のメッセージ
不明な点は団体又は中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお気軽にお問い合わせ下さい。

上に戻る

NPO法人 わおん
分類 自然体験、感覚遊び
 問合せ先HP等

http://waon.naganoblog.jp/

1.
団体・企業の概要 
塩尻市を拠点に、自然体験活動を実施している団体です。小学生を対象にした年間の自然体験活動や、保育園、児童館などへの出前講座を行っています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
自然学校指導者、自然体験活動トレーナー、プロジェクトワイルドファシリテーター、小学校長期自然体験活動指導者(全体指導者)、ネイチャーゲームリーダー
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「学校の校庭などの身近な自然で、自然と触れ合い感性を育てる活動」
「学校の校庭など身近な自然(花や木など)を観察する活動
「自然の素材で作る簡単な工作で、ナイフやのこぎりなど道具が使えるようになる活動」

事前の打ち合わせを行い、活動内容やねらいを確認。
事前の下見を当団体で実施し、当日のプログラム案を学校へ提出。
学校の希望に合わせた内容に修正し、当日のプログラムとする。

・1時間〜2時間程度(時間に応じたプログラムを実施することもできます)
・野外の活動を希望する場所があれば、そのフィールドでの実施も可能。
 ※当団体のフィールドはありません。

・クラフトを実施する場合は材料費が必要です。(ひとり100円〜200円)
・プログラムに使用する備品、工具などは持ち込みます。       
4. 
キーワード
ネイチャーゲーム、自然に興味を持つきっかけになる。
5.
過去の実践例
学校の校庭でネイチャーゲームなどの自然体験活動。
6.
団体から
のメッセージ
安全確保のため、講師は最低2人での実施を希望します(子ども20人に対し、1人の講師)

上に戻る

自然観察の会 ひこばえ
分類 自然観察 
 問合せ先HP等 初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。
1.
団体・企業の概要 
1996年、自然を学び環境を考える仲間と会をつくる。「自然観察から始まる自然保護」を目ざして、自然観察会やボランティア活動などを実践。自然と人、動物、植物などのつながりや気付きから、自然保護、環境保全へと展開する環境学習を、大人や子どもと共に学び合っている。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
NACS−J自然観察指導員、プロジェクトワイルド一般指導員、環境省の環境教育リーダー(基礎講座研修)
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「身近な自然観察(四季折々を楽しみながら)」
「水辺(小川)の自然観察  、まちなかの自然観察」
「外来植物(外来生物)って何?」

・校内や学校近隣で行う学習(理想的には子ども10から15人に対し1人の講師)
 自然観察から学びとる。自然の楽しみ方、自然と人や動物と植物のつながりなど、自然保護や環境保全の考え方を学年に応じるかたちで。(教室でのレクチャーもあります)

・フィールドでの学習(子ども10〜15人までに対し、1人の指導者)
 学校の周辺(校庭など)、水辺、まち中、野山や公園
 美ヶ原(三城)、乗鞍、上高地など

対象学年:小学校〜中学校 
先生方と相談をしながら学年に応じたやり方を考えます。
4. 
キーワード
自然観察から始まる自然保護。
5.
過去の実践例
校庭の自然観察、学習林(小学校)の自然観察   
保育園のえんそく、中学校のガイドウォ―ク  
6.
事務局から
のメッセージ
・長野県内の自然観察指導員に広いネットワークを持つ年季の入ったボランティア団体です。
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る

合同会社リトルピークス
分類 自然体験
 問合せ先HP等 HP:http://www.littlepeaks.jp
1.
団体・企業の概要 
2014年12月に松本市安曇に産声を上げたアウトドアガイド&ツアー会社。登山ガイド、沢登り、ラフティング、スノーシューなどのアクティビティーを中心に、各種安全講習会、子ども冒険キャンプ、クリーンアップ梓川などの地域貢献活動などと、松本の大自然を春夏秋冬365日全身で感じられるプログラムを展開中。ガイド&ツアーコンセプトは「風流であれ!アナログであれ!!」松本を愛する個性豊かなメンバーでお待ちしております。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
日本山岳ガイド協会認定ガイド、 日本ラフティング協会認定シニアガイド、 SRT−1受講済、上級救命者講習受講済、 Wilderness Advansed First Aid受講済、NEALリーダー など。
 3.
おすすめプログラム


@「梓川リバーウォ―キング〜川離れ防止大作戦!川の安全講習会付〜」
   (子ども15人に対し1人の指導者)
   ・梓川の伏流水を歩き、泳ぎ、渡り、時にはライフジャケットでプカプカ〜目指すは大河犀川!
   ・らーら松本から梓川・奈良井川合流部までの川下りを体験します。
   ※保険料(34円〜)、
     レンタル器材代(ウェットスーツ、ライフジャケット、ヘルメットなど100円〜)がかかります。

A地元の山が100倍好きになる登山学〜山歩きから学ぶ生きる力〜」
  (子ども15人に対し1人の指導者)
  ・メインフィールドは乗鞍岳、常念・蝶ヶ岳、鉢盛山。普段学校から見える地元の山を楽しみながら山歩き。  ・児童&生徒主体の登山計画からお手伝いいたします。どの山でも駆けつけます。

Bアクティブ車椅子体験〜新型車椅子を使い野山に飛び出そう〜」
  (子ども20人に対し1人の指導者)→講師を派遣します。学校近隣(校内を含む)で活動可。
  ・今話題の新型車椅子補助器具「人力(ジンリキ)」を使用した新感覚障害者プログラム。
   ※車いす補助具「人力(じんりき)」を持ち込みます。

最短1時間〜泊り込みプログラムまで対応可能。
4. 
キーワード
「子どもは子どもらしく!大人が大人らしく!!地域を支える人材育成」
5.
過去の実践例
プログラム@梓川ふれあいキャンプ内にて実践済
プログラムA市内小学生を対象に実践済
6.
団体から
のメッセージ
まずはどんなことでもお気軽にご相談ください。その地域に学校に子ども達に合ったオリジナルのプログラムを作成、対応させていただきます。

上に戻る

NPO法人安曇野ふるさとづくり応援団
分類 自然体験 、環境知識
 問合せ先HP等 http://azumino-furusato.com/
1.
団体・企業の概要 
 Iターン者と地域住民との交流による新しいふるさとづくりを目指して、平成18年に設立した「NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部」を母体とし、平成25年3月の組織分割により現団体名となりました。 地域の自然、歴史、文化を学びながら歩く「ふるさとウォッチング」を安曇野市内で開催し、平成25年度からはリメイク版「ふるさとさんぽ」もスタートしました。これまでに市内20ヵ所で開催した「ふるさとウォッチング」を「ふるさとウォッチングマップ」としてまとめ、平成26年10月から公式サイトで公開しています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
 「ぬかくどご飯の炊き体験」
・昔ながらの「ぬかくど釜」でご飯を炊き、美味しいお米を味わってもらいます。
・「ぬかくど釜」は、昭和初期に農家で使用されていた「ぬか」=「もみ殻」を使った釜で、紙芝居にて概要を説明します。
・釜持参(おにぎり約70個/釜)(子ども30人に対し、2人の講師)


 「地域発見ウォーキング」
・安曇野市内の屋敷林、拾ヶ堰、道祖神等の原風景が残る地域を、クイズ等を楽しみながら案内します 。
(子ども30人に対し、2人の指導者 小学校3年生以上)

【講師料以外にかかる経費】
お米代、資料代

※内容、時間、講師料その他経費については、状況に合わせて柔軟に対応可
4. 
キーワード
米、景観、屋敷林、道祖神、堰
5.
過去の実践例
「菅野小学校ぬかくどご飯炊き体験」
「会田中学校ぬかくどご飯炊き体験」
「穂高北小地域発見ウォーキング 
6.
事務局から
のメッセージ

・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る


 いきものみっけファーム in 松本推進協議会
分類 生活力 環境知識 
 問合せ先HP等 TEL 0263-92-1508 担当:藤村
HP:いきものみっけ http://www.ikimonomikke-farm.com/
  こどもエコクラブ http://www.j-ecoclub.jp/
1.
団体・企業の概要 
有機循環型農業を地域で実現するために発足した、産・官・学・ 民協働の協議会です。
お米の肌ヌカ(米の精)を使用した農法により土壌を豊かにし、健康な作物づくりと生きものあふれる農地づくりを行い、その場所を環境学習に使用しています。
【構成団体】
松本市、公益財団法人日本環境協会、松本大学、農業法人鉢 伏ファーム、東洋ライス梶A潟Tンワイズ、樺島屋降旗米穀、渇膜エ園芸、滑ツ境アセスメント、NPO 法人えんどっこ、BOGA
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
CONE(学校支援)リーダー:文部科学省自然体験活動指導者:CONEトレーナー
 3.
おすすめプログラム

基本90分
相談に応じて対応

「いきもの探しと観察(学校田、その他のフィールド)」
「プランター菜園講座(学校)」
「精米工場の見学と、お米の作り方、流通、循環について学ぶ(寿地区)」
「田んぼの生き物と豊かな農地(教室のフィールド)DVD教材あり」

【いきものみっけファーム】
松本市寿北9丁目付近 鉢伏ファーム圃場
松本市上波田 波田神社付近の圃場
【精米工場】
松本市寿北 中島屋降旗米穀。

対象学年:3年生以上

【学校で準備する物】※ない場合はご相談ください。
畑、田んぼ等の場所探し
虫取り網、虫取りかご、水槽、網など昆虫採集用具、
農業道具
パソコンとプロジェクター(DVDの場合)

【団体が持ち込む資材】
米の精(肥料)
簡単な学習資料

【時期】
作物を育てるもの、生き物を観察する活動は5月〜9月が活動時期の目安です。
精米工場の見学は年中できます。

【その他】
この活動はこどもエコクラブに登録されます。
ご連絡をいただければいきものみっけの簡単な手引きがあります。

4. 
キーワード
循環型農業・生物多様性・環境保全
5.
過去の実践例
6.
団体から
のメッセージ
ご連絡をいただければいきものみっけの簡単な手引き等があります。

・いきものみっけ  http://www.mikke.go.jp/
・子どもエコクラブ http://www.j-ecoclub.jp/

上に戻る

川の自然と文化研究所(NPO)
分類 自然観察 
 問合せ先HP等 http://www.srncf.org/
1.
団体・企業の概要 
身近な川を調べ、地域文化との関係や生物のすみかとしての成り立ちを考え、今後の川の姿に関して提言するNPO法人です(2006年2月登記)。これまでの活動として、毎年6月末頃に「川の自然と文化講演会」を一般向けに開催しているほか、ニュースレターの発行、研究集録の発刊(「日本人の川と水への意識」「安曇野の魚と人のかかわり」)、自然観察会の開催・支援を行っています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本1時間程度)
「自然観察会(所要時間30分〜) 」
水路・ビオトープ・学校プールなどにおける水生生物や植物の観察会。

対象学年: 小学校高学年より

1グループ20〜40名程度が適切

【学校で準備する物】
網、内面が白色のプラスティック皿、ピンセット、虫めがね バケツ、ノート(スケッチ用紙)


以下についての講演等も可能
○ 湧水のあるまちを考える
○ 日本人の川と水への意識  
○ アルプスの水がもたらす恵みと課題  
○ 里地・里山の森と暮らしと水
○ 千曲川水系における水生昆虫類の個体
4. 
キーワード
水辺の生きもの、川の成り立ち、川の歴史と文化
5.
過去の実践例
田川小、島内小、豊科東小学校、豊科南中学校プール、明科自然体験センターなど
6.
事務局から
のメッセージ
・信州大学の先生方や学生さんが協力されている知識豊富な団体です。
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る



株式会社 環境技術センター
分類 環境知識  
 問合せ先HP等 TEL 0263 -27-1606 担当 宮澤
http://www.kgcenter.co.jp/
1.
団体・企業の概要 
弊社は、松本市内で40年間、環境分析を行ってきている会社です。環境問題がクローズアップされる昨今、地元に根差した企業として中信地区の自然環境を守り引き継いで行くことが大切なことと考えております。自然の営みの中には、化学的な反応が行われていることが多く、また、人が作り出した物質は環境に大変大きな影響を及ぼします。このような理科実験と環境問題を組み合わせて、難しくとらえられがちな化学物質などを、わかりやすく解説したいと考えています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2〜3時間程度)
@「やさしい放射線の実験教室」
 福島第一原発事故以来、放射線に対する関心が高くなり、一方で放射線に対して必要以上に恐怖心を持つという状況が生まれてしまいました。放射線は自然に存在し、正しい管理のもとで利用されることで人の役に立つこと、また、原子力発電の事故を受けて、これからのエネルギーについて考えるきっかけになればと思います。
 普段目に見えない放射線の飛んだ軌跡を簡単に観察でき、実験、簡単な測定器を使って外の放射線量やその場にあるものの放射線量を測定します。
・子ども 40人に対し、2人の講師
・放射線の軌跡観察の機材(タッパー、ランタンマントル、エチルアルコール等)、 放射線量測定器を持参します。

A「水ってなあに?」(水の性質と循環を学ぼう)
水が個体、液体、気体に変わること、海や川の水が蒸発して雲になり、雨となって地上に落ちてきてまた海に流れるという循環が、地球が誕生して何億年も前から繰り返され、これからも続いていくはず。だから、未来の人たちのためにも大切に、汚さないように使わなければならないことを実感できたらと思います。また、4種類の水を用意してきて、きき水を体験してもらます。日本とヨーロッパの水の味の違いを体験して、どうしてこの味の違いが出るのかを試験します。
・子ども40人に対し、2人の講師
・500mlのペットボトルを1人1本用意して下さい。
・水の循環模型、ドライアイス、硬度試験キッド、水の汚れ試験キッドを持ち込みます。

学習に要する時間は料プログラムとも2時間程度。講師料以外にかかる経費は特にありません。小学生1年生〜中学3年生まで、学年に合わせた内容で行います。
4. 
キーワード
環境と理科実験 
5.
過去の実践例
やさしい放射線実験教室 平成26年7月15日 会田中学校
水の性質と循環を学ぼう 平成26年7月10日 今井小学校、平成26年10月15日 会田中学校
6.
団体から
のメッセージ

上に戻る



ナソニック株式会社 松本営業所
分類 環境知識 
 問合せ先HP等 TEL 0263−27−4501    担当 笠原正晴
http://panasonic.co.jp/es/
1.
団体・企業の概要 
パナソニック鰍フ4分社の一つで、「住宅」や「ビル」「商業施設」「工場」「街」などの快適な環境を創造する技術やエネルギーをつないでマネジメントする商品(照明器具・情報機器・電設資材・住宅設備・建材に加えて太陽光発電・蓄電システムなどのエネルギー関連や空調・換気設備などの幅広い製品群を提供いたします。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム


「あかりのエコ教室」
従来の白熱電球、電球型蛍光灯、LED電球の比較と実験を通じて違いを知る。省エネ効果の内容。

「エコと太陽光発電教室」
一般的な発電方法と再生エネルギーの中で太陽光を利用した発電方法の実験を通じての太陽電池の性質の内容。

・対象は小学校4年〜6年、中学校1年 

・実施場所として理科教室
・スクリーンまたは大型テレビ
・プロジェクター
 
実験機材は会社側が持ち込みます。
・実験道具(4〜5人で1台)  

4. 
キーワード
実験を通じて楽しく理解!!    電気を自分で発電!!  電気を太陽光で発電!!
5.
過去の実践例
平成22年度 清水小6年、奈川中1年  平成23年度 清水小6年、会田中1年
6.
事務局から
のメッセージ
・講師はパナソニック本社から派遣されます。お申し込みは1カ月以上前に、実施候補日を2〜3ご用意下さい。

上に戻る


株式会社 キクイチ
分類 環境知識  
 問合せ先HP等

住所 〒390-1401 松本市波田1909-3
TEL 0263-92-5141 担当 百瀬 潔
http://www.shinsyu-kikuichi.com/

1.
団体・企業の概要 
家庭用・業務用生ごみ処理機 製造販売、機械維持管理、有機堆肥・土壌改良剤 製造販売
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「生ごみ処理機を使用した堆肥作り」

(1)生ごみ処理機を使用した堆肥作りの講師を派遣し、指導等を行い、資源循環やバイオ(微生物の働き)について学んでいただきます。

(2)小型の生ごみ処理機をクラス単位・学年単位で貸し出すことが可能です。 処理機の使用方法や堆肥ができるまでの指導支援を行います。
できた堆肥の使い方の指導も行います。

(1サイクル概ね3カ月で、できた1次堆肥を回収し、当社で2次堆肥に発酵させるため、臭いはあまり発生しません。県内の学校、保育園でも使用されています。)


機械で堆肥にする期間:3カ月
キクイチで熟成堆肥にする期間:1カ月
計4か月で1サイクル

【講師料以外にかかる費用】
リース料5000円×2台×3カ月=3万円

※現在松本市所有の貸出用生ごみ処理機に余裕があります。同じ機種ですので、それを使えばリース料は不要です。数に限りがありますので、松本市環境政策課(代表0263-34-3000)又は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

【持ち込み機材】
小型レンタル用生ごみ処理機(リースの場合)、バイオ資材


4. 
キーワード
生ゴミ、堆肥化、生ゴミ処理機、資源循環、微生物、食物連鎖
5.
過去の実践例
松本市内小学校、保育園
6.
事務局から
のメッセージ
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る


フリマネット信州
分類 環境知識 生活力 
 問合せ先HP等 http://furimanet.com/
1.
団体・企業の概要 
平成14年に発足した当団体は、松本市市民活動サポートセンターに登録して活動しています。生活者自身がリユース、市民交流、福祉支援、まちの賑わいづくりを4つの趣意として、消費者のフリーマーケット活動、リユースで回収した物品で海外の児童教育支援をする活動、福祉活動やボランティア活動、市民活動などの企画や広報の支援も行っています。
市民同士が交流を楽しみながら環境にやさしいリユースを実践することを基本とし、さまざまな異なる立場の団体や個人をコーディネートして新しいものが生まれるきっかけづくりを応援しています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム

(基本2時間程度)
「児童や家族が使わなくなったり、着られなくなったものをリメイクしたり再利用したりするワークショップ」
 例1:着なくなった衣類を持ち寄って、ランチマットや箸袋を作る。
 例2:不要な物を持ち寄ってコラージュづくり。

「環境の3Rについて小学生から中学生まで、学んでもらい、児童向けの環境書籍紹介なども交えて、リサイクルやリユースの実情について学ぶ座学タイム」
 例:日本のリサイクル・リユースの実情についてデータから学ぶ。環境負荷を減らすことについての学習。
 
「当団体で支援しているアジアのカンボジアやフィリピンの小学生や児童の様子について映像などで学び、自らの生活の中で『不要になったもの』を廃棄物でなく『資源』とらえることで、未来の環境負荷を軽減することの大切さについて気付いてもらう。不要になった文房具などを家庭や友人などに呼び掛けて、集め、実際に梱包して発送するまでを体験する。」
 ・実際に郵便屋さんに来てもらい、ラベルも書いて発送する。

【講師料以外に必要な経費】 資料作成の印刷代、講師の交通費実費、画用紙等の材料費
4. 
キーワード
「地球にやさしく、楽しみながらリユース・リサイクル」
5.
過去の実践例
・源池学童クラブ(記録映像を見たあと、学習楽器あ文房具をメンテナンスして箱詰めし、手紙を書いて現地に発送)
・夏休みに保護者、小学生とともにフリーマーケット
・寿台児童館にてリユースバザー(市内6児童館、NPO法人ワーカーズコープとの協働)
・学校やクラス単位でのリユースマーケットの受け入れ(小学校の特別支援学級、高校の生徒会)
6.
団体から
のメッセージ
学級、学年、子供たちや関わる状況に合わせて柔軟にプログラムを考えますので、先生と詳細を打ち合わせて希望に合わせて行えます。お気軽にご相談いただきたいです。
・初めての申し込みの方は、中信地区環境教育ネットワーク事務局中林までお問い合わせ下さい。

上に戻る

NPO法人信州ツキノワグマ研究会
分類 環境知識 
 問合せ先HP等 http://www.geocities.jp/shinshukumaken/
1.
団体・企業の概要 
ツキノワグマの生態研究および保護管理の活動を通じ、ツキノワグマ″とその生息環境の保護保全を図り、野生動物と人間の共存を実現する。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム


「ツキノワグマの生態を知ろう」
クマの生態、出会った時の対処法等について、パワーポイントを使った講義や模擬指導を行います。
(子ども100人まで、講師2人)

・対象学年:全学年
・講師料以外に係る経費はありません。
・持ち込み資材:PC、トランクキット(クマの毛皮、頭骨等)、クマの着ぐるみ
・学校で御用意いただくもの:スクリーン、プロジェクター(できれば)
・学習に要する時間:45〜90分


4. 
キーワード
ツキノワグマ、野生動物
5.
過去の実践例
長野市の小中学校でのキャンプ事前授業の実施。
6.
団体から
のメッセージ
できるだけ御要望に合わせて実施したいと思います。

上に戻る


特定非営利活動法人 えんどっこ
分類 環境知識 
 問合せ先HP等 http://endotuko.com/
1.
団体・企業の概要 
当NPOは、水辺の自然環境の調査、環境学習、国際協力を実施する団体で主に梓川や松本地域で活動しています。
 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム


・梓川の生き物観察
・田んぼの生き物観察

・学習に要する時間は1〜1.5時間ほど

・バケツ、バット、手網、透視度計、などは持ち込みます。

4. 
キーワード
水辺観察会、梓川
5.
過去の実践例
梓川での水辺学習会、田んぼの生き物観察 菅野小5年
6.
団体から
のメッセージ
川に入るので、夏が適切です。

上に戻る


自然エネルギーネットまつもと
分類 生活力 
 問合せ先HP等 http://www.enet-matsumoto.net
1.
団体・企業の概要 

自然エネルギーネットまつもとは、地域の多様な主体と連携・対話を図りながら、地域資源を活用した協働による自然エネルギーの普及及び自然エネルギーを活用した持続可能な地域づくりに資することを目的とする。20122月設立、任意団体。

 2.
プログラムの主な指導者の資格、受講済講習
 3.
おすすめプログラム


・ロケットストーブやウッドガスストーブなどを使って、松ぼっくりや木の枝、竹などの木質バイオマスからエネルギーを取りだす体験をします。

・講師料以外に係る経費は特にありませんが、体験の内容によって食材などの材料費がかかることもあります。

・学校で必要な準備としては、火を使っても大丈夫な場所の確保をお願いします。

・体験用の機材一式を持ち込みます。

・学習に要する時間は、2時間〜3時間程度です。

4. 
キーワード
地球温暖化防止、木質バイオマスエネルギー利用方法
5.
過去の実践例
会田中学校における公開授業、洗馬小学校における地球温暖化とエネルギーに関する授業
6.
団体から
のメッセージ

上に戻る